東京初個展と第1回保護猫チャリティーの報告

 

2021年7月16日〜21日 東京下北沢

Gallery HANAにて開催しました初個展

「猫と踏み出すはじめの一歩」

~for the cats, for the cat lovers~には

このようなご時世にかかわらず沢山の方々に

お越しいただきありがとうございました。

SNSをご覧になって来てくださった方が

多かったのに驚きました。

また、寄付だけしてくださる方が何名か

いらっしゃったのが驚きと共に嬉しかった

です。

ありがとうございました。

個展の様子、雑感、チャリティーの結果報告

等書かせて頂きます。

 

猫と踏み出すはじめの一歩~for the cats, for the cat lovers~

初主催の個展に対する背景と思い

今回の個展は「猫と踏み出すはじめの一歩

~for the cats, for the cat lovers~という

タイトルで開催いたしました。

このタイトルの理由は、今回が私にとって

本当の意味での初個展だったからです。

私は2020年くらいから絵を描き始めたの

ですが、保護猫をお迎えしたことが

きっかけでした。

2018年に、友人から保護猫の譲渡会に

呼ばれ、リッキーというダークスモークの

長毛の男の子に出逢い、縁を頂きました。

愛おしくて愛おしくて、30年ぶりに絵を

描いてみようと思い立つのですが、

そう思った矢先にリッキーは突然、

虹の橋を渡ってしまいました。

 

ペットロスに陥り、更に同時期に

厳しく新しい職場で私は心身共に参って

しまうのですが、その後におうちに来た

そらとくららを描き始めると、不思議と

体調も良くなっていきました。

そこで、30年前に諦めた夢を、猫を描くと

いう形で叶えてみようと一歩踏み出すことに

したのです。

個展の前には半年ほど公募展でちょこちょこ

と絵の発表をしていたのですが、これで生きて

いけるとはその時はまだ思っていなかったです

し、個展も絵のオーダーを受けて飼い主さん

の心に寄り添う事も漠然とした夢でしか

なかったです。

なので、今歩んでいる道は、まさに猫と共に

踏み出した一歩であり、その初個展は

その大きな、新しい一歩の発表会でした。

 

日にち的には、名古屋三越が初個展となった

のですが、実はそれより以前に下北沢個展は

すでに決定していました。

2020年10月、尊敬する高橋行雄先生の個展に

お邪魔し、その会場だった下北沢の

Gallery HANAのオーナー様を紹介頂き、

今年1月に開催の決意をしたのですが、

決意、申し込みをした1−2週間後に

画商さんから三越個展の声かけをして

頂いたという経緯がありました。

また、百貨店は、絵を描いて搬入する以外は

至れり尽くせり、その代わり、それ以上の

ことは出来ない(自分でグッズの販売などの

企画は一切できない)一方で、貸しギャラリ

ーで個人で主催する展覧会は、ほぼ全部

自分で企画運営をすることになるので、

実質的なチャレンジは、この下北沢個展が

初めてと言っても過言ではないかと思います。

もちろん、その前に三越でできたことは、

大きな経験となり、大いに役に立ちました。

 

また、いつか自分で個展を企画運営する手順

なんかもブログの記事にしていきたいと

思っていますが、本当に気が遠くなるほど

やる事が盛りだくさんです。

また、もちろん集客も自身で行うので、

特に私のように地元でもないアウェイで

やる場合、どの程度のお客様にいらして

頂けるかも未知数で、不安もすごいものが

ありました。

そんな初めて尽くしは、まさに

「はじめの一歩」なのでした。

 

サブタイトルは、「全ての猫と、猫好き

さんの為に」を英訳したわかりやすい

ものにしました。ちょっとかっこつけた

のと、東京は外国人も多いかな、と。

(田舎者の発想でしょうか)

 

このサブタイトルの意味はそのまま、

猫と猫好きの皆さんがハッピーになる

個展にしたいという思いからですが、

私の活動の原点が、保護猫のリッキーから

同じく保護猫のそらとくららであること

から、猫はもちろん、保護猫にも深く関心

を持つようになり、全ての猫さんが幸せに

なれますように、という願いを込めて、

一部保護猫チャリティーを兼ねた個展に

したという事が一つ。

日々猫さんと過ごしていらっしゃる猫好き

さん、猫とは暮らせないけど猫が大好きな

方々に喜んで頂ける個展にしたい、さらには

保護猫ボランティアや団体の方々に

少しても寄与できればという思いで付けた

サブタイトルでした。

(チャリティーの結果は最後の項目で)

 

個展期間中の様子〜素敵なギャラリー

Gallery HANA Shimokitazawa

期間中は、ずっと良いお天気恵まれ、

(良すぎて暑かったですが・・・)

窓の多いギャラリー内は明るくて、素敵な

雰囲気が更に素晴らしく気持ち良かったです。

東京はギャラリーが沢山ありますが、

下北沢というメジャーな駅から徒歩5分の

立地で、路面ギャラリーというのは

なかなかありませんよね。

あっても、すっごくお高くて自力開催は

できませんね笑

名古屋三越「ART CASA]は、ネイビーの

壁面でかっこいいスタイリッシュな空間

で、そちらも素敵なんですが、

明るい白と白木の爽やかな空間もいいですね。

ヨーロッパのカフェみたいな可愛い感じで

展示作業を終えたら、なんだか勝手に

「私の画風によく合ってるんじゃない?」

と嬉しくなりました。

この雰囲気の違いのせいか、名古屋と東京の

違いなのか、季節の違いなのか、人気の絵が

違うのが興味深くもありました。

お世話になったオーナーのM様、

ありがとうございました。

 

スペシャルサンクス〜SDGSな無添加フードのご提供〜

今回、保護猫へのチャリティーにぜひ、と

無添加フードの提供をしてくださった企業

様とそちらを繋いでくださった方が

いらっしゃいます。

この場を借りて、あらためてお礼を申し

上げるとともに、紹介をさせて頂きます。

ご提供者様:株式会社ゲイト様

https://store.gateinc.jp/

都内で居酒屋チェーンをご経営

でしたが、コロナ禍で9店舗を

閉鎖。

三重県熊野の漁港から新鮮な魚を

仕入れていましたが、そちらの魚が

行き場を失ってしまったそうです。

また、商品にならない小魚なども

多い事から、それらの新鮮な旬な

魚を犬猫用のフードにする事業を

始められました。

獲れたての魚を真空パックにし、

高温圧力をかけ、骨まで柔らかく

そのまま食べられるようにした

フードです。

今回は、個展に来てくださる方々は

犬猫好きさんが多いと思われる事

から、サンプルを無償提供をして

くださいました。

(100円としていましたが、猫を

飼っている方々に無償提供しました)

また、お試し頂き、アンケートから

生の声を聞き、今後より良いフード

にして、さらに健康的で皆さんに

喜んでいただけるフードにしたい

とも仰って頂きました。

無添加なので、おやつとして安心

してあげられるフードの開発は

犬猫さんと暮らしている方々には

大変うれしい事ですので、

喜んで協力させて頂きました。

お客様にも実際に喜んで頂きました。

ありがとうございました。

尚、フードは上記のリンクから

お買い求め頂けます。

そら
そら
青魚の「継続的な大量摂取」はイエローファット(黄色脂肪症)の原因になると言われているにゃ!
くらら
くらら
アレルギーのあるにゃんこさんも気をつけるにゃよ。
ママ
ママ
数人の獣医さんに確認したところ、一部で言われているように絶対ダメ、と言う訳ではないそうですよ。
栄養のバランスも考えて、メインのご飯ではなく、おやつ程度に少量あげる分には、問題ないそうですよ。
ただ、やはりアレルギーのある猫ちゃんもいるので、かかりつけの獣医さんに相談しながらがいいと思います。
無添加の獲れたてを加熱したものなので、上手に取りいれていきたいですね!

ご紹介者:名古屋市八事 ビストロ&バー MASSA C.K様

http://massa.jp/

ご自身も保護猫と暮らしていらっしゃる事、

ゲイト様に以前お世話になったので、

との事で、フードの帯や、アンケート用紙、

封入に配送と大変お手間をかけて頂きまし

た。

ありがとうございました。

MASSAはおしゃれな素敵で、

美味しいビストロ&バーです。

コロナ禍でもテイクアウトや配達

で美味しい食事をお届けしています。

コロナ禍が開けたら是非素敵なお店に

行って欲しいですが、それまでは

テイクアウトや配達もご利用頂けたら

私も嬉しいです。

メディア掲載

今回、2社の新聞社様に掲載をして

頂きました。

読売新聞

金曜日のイベント欄に載せて頂きました。

大きく載せて頂き、嬉しいです。

また、記事を書いてくださった記者様も

個人的にお越し頂きました。

ありがとうございました。

 

東京新聞

今春の名古屋三越での個展で、中日新聞社様に

取材、掲載頂いた経緯もあり、東京新聞社様

にも掲載頂きました。

いち早く載せた頂き、しかもカラーで、

ありがとうございました。

 

保護猫チャリティーの結果詳細

第1回チャリティー額 33,389円

 

第1回のチャリティーとして、下記の1名と

1軒の保護猫カフェに少ないながらも

寄付をさせて頂きました。

少ないかも知れませんが、私の売上の大半が

肖像画オーダー制作によるものになります

ので、また随時、追加チャリティーを

させて頂きたいと思います。

なので、第1回としてはこれでご勘弁を。

寄付先

保護猫ボランティアのT.Sさん

・モンプチナチュラルキッス 4本入りx3

・モンプチナチュラルキッス 下部尿路に配慮

4本入りx3

・ちゅーる下部尿路配慮 4本入りx6

・Pureちゅーる 4本入りx6

・ヒルズc/dマルチケア  2Kgx2袋

・ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット

100gx12個

・ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット

成長前期の子猫用 ドライ 2Kgx2袋

合計23,389円分

ーーーーーー

T.Sさんは、名古屋で里親探しをメインに

保護犬、保護猫ボランティアを個人で

されている方です。

長年活動をされていて、良い里親さんを

見つけられるのでブリーダーさんからの

信頼が厚く、ブリーダー引退猫や事情が

あってショップに出せなかった純潔子猫

の募集をお願いされることも多いです。

私は、この方からの依頼で、里親さん探し

をお手伝いする事が多いです。

実家のアメショーのフラン様も、T.Sさん

からご縁をいただいたブリーダー引退猫

さんです。

大変なベテランさんでいらっしゃるので、

先住猫さんと新入り猫さんの相性の相談

や、病気、良い獣医さんの評判、など

様々な相談に乗ってもらう事も多く、大変

お世話になっています。

本当に完全ボランティアなので、譲渡料は

実費しか貰っていらっしゃいません。

滅多に弱音を吐かない方ですが、今回

小脳不形成や膀胱無感症などの難しい子

を引き受けて高額な検査費用に苦しんで

いらっしゃったので、喜んで寄付に

協力させて頂きました。

 

保護猫カフェ ひとやすみ(名古屋丸の内)

現金1万円+猫グッズ

http://www.nekocafe-hitoyasumi.com/sp/

ーーーーー

こちらの保護猫カフェは、私の愛猫、

くららの出身カフェです。

シェルターと提携して、そこから引き受けた

猫さんの里親探しをしていらっしゃいます。

名古屋市内の保護猫団体が開催する譲渡会

に参加される事もある熱心なカフェです。

リッキーのご縁を頂いた熱田区の保護猫

団体とも繋がりがあり、これからも頑張って

頂きたく、寄付先といたしました。

 

チャリティー商品販売中〜ご協力お願いします〜

今後も、少しずつではあると思いますが、

収益に応じて少しずつでも継続寄付を

していく所存です。

また、このHP上で発表していきたいと

思います。

現在、Creemaでも、うちわ、Tシャツ、

ミニ額などのチャリティーグッズを販売

しておりますので、良かったら参加

お願いいたします。

https://www.creema.jp/listing?active=sp_listing-nav&mode=keyword&q=soraclara

UTme!でも、Tシャツは別デザイン

のものを販売しています。

https://utme.uniqlo.com/jp/t/QYVYmJU

こんなグッズがあったら買いやすい!

販売数増えると思う!というご要望、アイデア

ありましたら、ぜひご連絡ください。

どうぞご協力お願いいたします。

※原画も販売しております。原画はメールにて

受付いたしますので下記アドレスまで連絡

くださいませ。

※オーダー制作(肖像画)もいたします。

おうちの大切な子を世界で一つの絵として

残しませんか?

オーダー制作での収益の一部もチャリティー

対象です。

⇩お問合せはこちらから⇩

まとめ

今回は、記念すべき私主催の初個展兼

保護猫チャリティーに関して、この記事を

ご覧くださりありがとうございました。

お越しいただいた方、

チャリティーに参加くださった方、

心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

地元から離れた場所での初個展で、

このような良いご報告ができたのも

ご協力いただいたすべての方々のおかげ

です。

これからも、少しずつでも保護犬、保護猫

の為、それに携わる方々、犬猫等動物を

愛する方々の為に、活動し貢献できたら

幸いです。

引き続き応援のほど、よろしくお願い

いたします。

くらら
くらら
まま、コロニャ禍にゃのにたくさんの人たち
来てくれたのにゃ!
そら
そら
すごいにゃ!嬉しいにゃ!
ママ
ママ
そうなのよ!すっごく嬉しくて幸せで感謝しかありません!今回は少しだけだけど、これからも継続して沢山の猫好きさんに寄り添うハッピーいっぱいな絵を描いて、少しでもたくさんの猫ちゃんわんちゃんにハッピーになってもらえるように頑張ってチャリティーしていきたいと思ってます!

 

 

ABOUT US

Soraclara.Artist with cats
こんにちは!Soraclara.こと武藤 茉りかと申します。 猫をこよなく愛する、猫中心に描くアーティストです。 画材は色鉛筆を中心に様々な画材を組み合わせて描きます。 猫の絵の描き方や、絵画にまつわる事・活動と、愛猫・元保護猫の「そら」「くらら」のゆる〜い日常紹介や、猫好きさんの為のお役立ち情報を発信しています。 保護猫や保護犬のボランティアさんの 里親探しのお手伝いもしており、 個展やECサイトでのグッズ販売の収益の一部を保護猫ボランティアさんや 保護団体へのチャリティーに充てています。 猫さんのお悩み、猫の絵のお悩み、猫さん(わんちゃん)肖像画オーダーなど、お気軽にご相談ください。 純血保護猫ご希望の方もご連絡頂ければ、現在ご紹介できる猫さん(わんちゃん)ご紹介いたします。 登場人物 ママ:筆者のことです そら:ノルウェージャンもどきの長毛男の子。 元野良猫とは思えない優雅な風貌だが、食いしん坊で やんちゃ。甘ったれお坊ちゃん気質。 くらら:アメショーもどきの女の子。 野良→保護猫カフェからママのもとへ。 ちゃきちゃきのおてんば娘だが、意外と優しく 面倒見のいい世話焼き女房タイプ。 ママ大好きの甘えん坊。